【ZX-25R】エンジン音公開! 馬力や発売時期などの情報まとめ 

Ninja ZX-25R全体図 バイク・ツーリング

ついに出ました!

カワサキから250ccの4気筒Ninja ZX-25R」!

このページではZX-25Rの最高出力や各種標準装備、発売時期や価格情報などに関する情報を載せてますので最後までご覧ください!

気になる外観や性能は・・・?

こちらは2019/10/23にインドネシア Kawasakiから公開された車両動画です。


元ページはこちら

全体像

Ninja ZX-25R全体図

車体カラーはライムグリーン&エボニー

ZX-6R KRT Editionに似てるなぁというのが最初の印象ですね。

純正の短いがマフラーが印象的です。

エンジン周り

Ninja ZX-25R エンジン周り

Ninja ZX-25R エンジン周り

現在確定しているエンジン特性は以下。

水冷4ストローク 並列4気筒 DOHC 4バルブ

・総排気量 249cc

・レッドゾーン 17,000rpm

待望の4気筒!エンジンから伸びる4本のエキパイがかっこいいですね!

回転数も17000回転と高いので回して走るといい音がしそうです。

 

なお馬力については確定ではありませんがおおよそ40~45psと予想されているようです。

同じ250ccクラスのスポーツではHONDAのCBR250RRがよく話題に上がりますが、こちらは2気筒で最高出力は38psです。

同じくKawasaki発の4気筒であるバリオスⅡやホーネットの最高出力が40psなので、まぁ打倒なラインかなと考えられますね。

フロントサスペンション周り

ZX-25R フロントサス周り

ZX-25R フロントサス周り

倒立タイプの「Separate-Function Front Fork-Big Piston」を採用しているようです。

競技用オフロードモデルに採用されているSFF構造とSSモデルに採用されるピストンサイズを大きくしたBP構造を掛け合わせた新しいタイプのフロントフォークです。

同じくKawasakiから出ているミドルバイクのZX-6Rにもこのサスペンションが採用されているみたいですね。

リアサスペンション周り

Ninja ZX-25R リアサス周り

Ninja ZX-25R リアサス周り

ホリゾンタル・バックリンク・リアサスペンション(Horizontal Back-link Rear Suspension)です。

リアのばねを水平に置くタイプですね。

実はこのタイプ、サスペンションとしてはあまり優秀ではないようですが、

弁当箱(マフラー部分の触媒入り膨張室)のスペース確保や、リアサスの熱ダレ防止などメリットも多いようです。

この点については下記のサイトが非常にわかりやすく説明してくれているのでよかったらご覧ください。

ZX-10R(ZX1000J/K)|ZX-10Rの系譜
ZX-10R(ZX1000J/K)についての紹介・解説・考察ページです。

フレーム周り

Ninja ZX-25R フレーム周り

Ninja ZX-25R フレーム周り

ハイテンスチール(高張力鋼)を使用したフレームで、一般的なスチール鋼より強度が高くありつつも、比較的低コストで作成できるのが特徴です。クロスバイクなどの自転車のフレームなどにもよく使われるそうです。

フロントブレーキ周り

Ninja ZX-25R Fブレーキ周り

Ninja ZX-25R Fブレーキ周り

ラジアルマウントキャリパーのシングルディスクブレーキです。

一般的なキャリパーとは違って、ブレーキングした際のキャリパーのブレを防止することで高い剛性さと制動力が実現できるようです。

こちらについては下記のサイトで詳しく説明されているのでよかったらご覧ください。

ラジアルマウントキャリパーとは?ローターを鷲掴みするすんごい奴~ | 居心地の良いMy Life
スポンサーリンク バイクにはラジアルマウントって言葉がちょくちょく使われています。 マウントって聞くだけで何だか凄く強そうなイメージが湧いてきますよね♪   こんにちは。 バイクが大好きでGSX-R1000 k …

ハンドル周り

Ninja ZX-25R ハンドル周り

Ninja ZX-25R ハンドル周り

少々見えづらいですがセパハンであることがわかりますね。

トップブリッジより下側にクランプされてるように見えますね。

シートの高さと比較しても結構な前傾姿勢になりそうでしょうか。

Ninja250やYZF-R25より前傾がきつく、CBR250RRと同じくらいってところですかね。

電子制御・ライダーサポート機能

Ninja ZX-25R 電子制御

Ninja ZX-25R 電子制御

現在確定しているサポート機能は以下。

・KTRC(トラクションコントロール)

・KQS(クイックシフター)

・パワーモード

・ABS

トラコンは勿論、クイックシフターやパワーモード選択機能まで勢ぞろいです。

いずれにせよバイク初心者でも安心できることはもちろん、ガッツリ走りこみたい人に向けた機能も盛りだくさんであることは間違いないですね。

マフラー周り

Ninja ZX-25R マフラー

サイレンサー部分が純正らしからぬ短さでとても印象的です。

ですが、写真の赤枠で囲われている箇所を見てもわかる通り触媒の箱(いわゆる弁当箱)が非常に大きいです。

個人的にこれはちょっといただけない感がありまm・・・

しかしこの触媒のおかげで短くスタイリッシュなショートマフラーが実現できるのだと思います。

値段はいくらするの?

具体的な車体価格は発表されていませんが、85~95万との情報が出回っているようです。

ここまで豪華な電子制御を標準装備、かつ排ガス規制等時代的な制約があるなかコストのかかる4気筒バイクであると考えればまぁ妥当な金額と言えるでしょう。

同系統車種であるHONDAのCBR250RRのABSモデルも80万円超えですしね。

発売はいつ?今後の動向は?

国内モデルの導入は “2020年秋予定” とKawasakiモータース公式から正式な発表がありました!
インドネシアではもう少し先行で導入されるようですね。

 

また2019/10/23(火)から2019東京モーターショーでお披露目会がありました。

 

23日と24日は一般公開されていないので、一般の方が最速でお目にかかれるのは2019/10/25(金)からのようです。

SNSや各種メディアでも話題に

前述のとおり東京モーターショーでの公開ということもありTwitterを始め、各種SNSで話題騒然となっています。

一時期ZX-25RがTwitterのトレンド入りまでしたそうですね。

人気バイク雑誌のヤングマシンでも大々的に取り上げられてますね。

Ninja ZX-25Rで4気筒250ccが本当に復活!! カワサキがやってくれた[2万回転フォーミュラサウンドを震えて待て!]〈動画あり〉
俺たちのカワサキがやってくれた! シビれる! あこがれるゥ! そんなテンションで迎えたい、ビッグなスモールプレミアムのお出ましだ。その名はNinja ZX-25R! 本誌既報通りのネーミングで、東京モーターショーで正式発表となった。詳細スペ

12/13 ティーザー第7弾公開!メーターは2万回転まで!

12月13日にインドネシア Kawasakiから新しいティーザーが公開されていました。

 

ZX-25R メーター

 

レッドゾーンはやはり17,000回転からで、最高回転数は何と20,000回転

 

MC22型のCBR250RRを思い出させますね。

 

メーター周りはNinja250とかNinja400と同じもののように見えます。

12/24 エンジン音公開!

 

12月24日(火)にいよいよエンジン音の動画が公開されました!

※イヤホン推奨

 

思ったより低音が効いてました。

それでいて回せば唸るように伸びるレーシーな高音がまさに4気筒っぽいなーというのが感想です。

 

ただ、やや電動バイクっぽい機械音(?)が強いですね。

この辺りは好みの問題なので何とも言えませんが、個人的にはもう少し重厚感ある音でもよかったなーなんて思いますね。(←スポーツバイク乗りに向いてない思考)

 

Youtubeにもエンジン音の動画がアップされてましたよ。

 

さいごに

他サイトに記載の情報も参考にZX-25Rに関する情報をおさらいします。

●エンジン
形式:水冷並列4気筒 DOHC 4バルブ
排気量:249cc
最高出力:42-45馬力
レッドゾーン回転数は17,000回転

●駆動系
6速リターンミッション

●フレーム
ホリゾンタルハイテンションスチール製

●タイヤ
フロント:110/70R17
リア:150/80R17
DUNLOP(ダンロップ) GPR-300

●メーター
アナログタコメーター&デジタルLCDスピードメーター

●ブレーキ
フロント:ラジアルマウント モノブロックキャリパーシングルディスク
リア:シングルディスク
ABSつき

●サスペンション
フロント:倒立SFF-BP(Separate Function Fork – Big Piston)
リア:ホリゾンタルバックリンク モノショック

●電子制御その他サポート機能
パワーモード切替
KTRC(トラクションコントロール)
KQS(クイックシフター)

●予想価格
85~95万円

 

タイトルとURLをコピーしました