【解説】【イートイン脱税】罰則なし!?流行の「イートイン脱税」と「正義マン」について

イートイン脱税 トレンド


イートイン脱税

2019年10月1日より、消費税10%への引き上げ、及び軽減税率が導入されました。

この軽減税率が発端で一部の飲食店やコンビニでは混乱が起きているようで、

ネット上では”イートイン脱税“や”正義マン“なるワードが話題になっているようです。

今回はこの軽減税率とイートイン脱税、正義マンについて解説しようと思います。

そもそも軽減税率とは?

そもそも軽減税率って何なんでしょう?

と言っても増税や軽減税率についてはメディアでも度々報道されているので、ここでは軽くおさらい程度に説明します。

 

軽減税率(制度)とは、簡単に言えば特定の商品を購入する場合に一般的な消費税率より低い税率を適用するよ!という制度です。

特定の商品とは具体的に言うと

①酒類及び外食を除く飲食料品

②新聞の定期購読料」

が挙げられており、

例に挙げるとスーパーでおにぎりと歯磨き粉を持ってレジを通した場合、

歯磨き粉に掛かる消費税は10%、ですがおにぎりは今まで通り8%のままの金額が課税されます。ややこしいですね。

 

また軽減税率が適用されるケースがもう一つあって、このケースが今回の話題を呼んだケースになります。

それがこちら。

飲食店で買った食料品などを・・・

店内のイートインコーナーで飲食した場合は外食扱いとなり「10%

そのまま持ち帰って外で飲食した場合は食料品扱いとなり「8%

ややこしいですね。(2回目)

このイートインで飲食するか否かは購入者側の自己申告制で、

無申告の場合は8%が適用されるのがが一般的なようです。

そもそもイートインコーナーがない店舗などではあまり気にすることはありませんが、

昨今のコンビニやスーパーはイートインコーナーを設けている店舗も増えてきているので影響のある店舗は少なくはないはずです。

イートイン脱税とは?

ここまでくると何となくおわかりの通り、イートイン脱税とは

商品購入時に持ち帰り申告し、8%の税率で購入しておきながらイートインで飲食をする」という行為です。

本来であればイートインを使用する場合は10%の税率で支払をしなければいけないのですが、

商品購入時に無申告、もしくは持ち帰ると嘘の申告をした場合、実質2%の脱税が疑われます。

これが今話題となっている”イートイン脱税“です。

そこに現れた正義マン!!

正義マン

脱税を監視したり、取り締まる特捜部の方でしょうか。

いえ、そんな怖い方ではなくただのチクリ魔です。(辛辣)

もう少し説明すると、前述したイートイン脱税をしている人を見つけて店員さんに告げ口をする人です。

一見するとお店側の損失を検知してくれるいい人に聞こえますが、本当にそうでしょうか?

イートイン脱税_案内

 

前述した通り、購入した商品を持ち帰りするか否かは商品を購入する際の購入者の自己申告制で、

購入後に気が変わってイートインで飲食した場合の対応は各店舗の判断に任されていることが多く、

国もこれを認めているため、厳密に言うと脱税にはならないようです。

店員さんも忙しいので逐一この告げ口に対応するのは難しいですよね。

「どうでもいい」と本音に思っている人が多数だと思います。

加えてその告げ口をする人はその正義感から行動していることから”正義マン“と呼ばれているようです。

Twitterでの反応

イートイン脱税するとどうなるの?罰則は?

結論から言うと今のところイートイン脱税による罰則はなく、逮捕者も出ていないようです。

まぁまだ始まったばかりの制度というのもありますね。

そもそもイートイン脱税をされたところでお店側は商品を万引きされたわけでもないので、店員さん側に脱税分の金額を催促する義務はありません。

ただし、意図的にイートイン脱税を繰り返されていることが確認された場合には詐欺罪が適用されかねないという見解も出ていますので、罰則がないからと言って”イートイン脱税チャレンジ”するのは避けた方がよいですね。

まとめ

導入されて早々”イートイン脱税”や”正義マン”などの名言を生み出し、数多くの店舗や世間を混乱させている軽減税率ですが具体的な導入期間などは明示されていないようです。

定着するまで今後の世間の動向に注目したいところですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
トレンド
スポンサーリンク
退屈SEライダーをフォローする
退屈屋さん
タイトルとURLをコピーしました